PR|イタリア語翻訳見積り依頼はこちら|

子供の英語教育をやりたいと思っている親御さんも多いと思います。
ですが、実際にどういう風に英語教育をしたら良いか全く分からないという人も多いかと思います。

そういう方におすすめなのはお金を惜しまずに小さい頃からネイティブの英語を聞ける環境に置く事です。

 

それはどうしてかというと、完全に日本語がインプットされる前にネイティブの英語が聞こえる環境に置く事で日本語と英語の両方を普通に話せるようになるからです。

 

でも、意外と多くの親御さんは完全に日本語が話せるようになってから英語の教育をしようとします。

それでもまだ頭が柔らかいうちは良いですがもう完全に日本語で話すのが当たり前になってから英語を学ばせても苦痛を感じてなかなか英語を話せるようにするのは困難になります。

 

ですから、英語教育をしたいと思うならできるだけ早い時期にそれもまだ日本語も満足に話せないうちからネイティブの英語が学べる英会話教室に通うのが理想です。

私は小学生のことから教材を使って、英語のリスニングとスペルの暗記、簡単な文法をやっている子と、中学で初めて英語に触れたという子の違いが少しわかります。

前者は、授業に追いつかないと、予習をしないとと時間的に焦らないのでのびのびと教えられます。

また、中学から英語に触れると、コンマの位置やピリオド忘れ、文頭は大文字というルールを何百回と繰り返さないと、本人もわかっているのにミスをしてしまうという英文を書く上でのルールが定着しません。

しかし、小学生のうちからある程度やっているとこのルールは最低限覚えてくれるので、中学の定期テストで減点されにくくなるのです。

文法的なところはそれぞれの生徒によって理解度が大きく違いますが、英文ルールに限っては早めにしておいた方がその子のレベルが中の上以下であれば有利になるのではと感じます。

すんなり行く子はミスもせず、中学からの方がむしろ費用もかからないので塾へわざわざ通う必要はないと思います。

PR|健康マニアによる無病ライフ|工務店向け集客ノウハウ|童話|心の童話|生命保険の口コミ.COM|英語上達の秘訣|JALカード|オーディオ|マッサージのリアル口コミ.com|生命保険の選び方|貯蓄|住宅リフォーム総合情報|クレジットカードの即日発行じゃけん|英語上達の秘訣|アフィリエイト相互リンク|ショッピングカート|