英語と日本語の翻訳をする時、注意しなくてはならない事があります。「翻訳」という作業は、「意味」を訳すことをで、「言葉」を置き換えることではありません。英語を言葉として、そのまま日本語にしても、本来の意味を表現することは不可能です。英語と日本語は根本的に違う言語で、文法はもちろん背景にある文化も異なります。

英語は結論(動詞)を文の前方に持ってきますが、日本語は結論(動詞)を文末に置きます。英語で表現する場合、「重要度の高いもの」から順番に並べます。例えば「誰が(主語)」「何をする」「どこで」「何のために」・・・、という具合です。日本語は「誰が」は先頭ですが、その他の順序は逆です。これは単に順序の問題ではありません。思考回路や感性という根本的な部分を意味しています。

日本語では単刀直入な言い方は「失礼」な印象を与えますが、英語では「分かりやすく伝える」ことに重点を置いています。つまり、「英語・日本語の翻訳」をする時は、英語と日本語の「価値観の違い」を認識することが必要です。これが、翻訳の基本と言えるのではないでしょうか。