翻訳は根性、丁寧さが身につきます!

論文を書くために英語の論文を読まなくてはいけなくて翻訳しました。めちゃくちゃ難しかったです。まず、医療系の論文なので英語だけでなくドイツ語の翻訳も混じっていて意味不明でした。しなくてはならないので大変でした。

その時にすごく気をつけていたことといえば、直訳しない事!つい、自分の知っているセンテンスだとやってしまいそうになるのですが、ちゃんと前後の文章を理解してその上で本当にその翻訳が当たっているのか。それをきちんと確認しないと、論文などの長い文章になると後々それが大きく響いてきます。私は後から微調整するのが苦手なので1発でその一行は決める。そういう意識でやっていました。

また、翻訳をやって身についたのは根性、根気、丁寧さです。どれか一つでも欠けてしまうとどうしても歪な文章になると言うか、イマイチな翻訳になってしまいます。なので、途中で心が折れそうになっても絶対に諦めず最後まで丁寧にやり通してください!